「セブンデイズ」【韓国映画】きっと衝撃のラストに魂を揺さぶられる!

 

今回ご紹介するのは、韓国映画「セブンデイズ」

キム・ユンジン、キム・ミスクというベテラン女優ふたりの魂を揺さぶられる演技と、

二転三転する犯人探しで最後まで目が離せない、面白い作品です!

 

 

管理人
管理人

こんにちは!管理人wasewaseです。

当ブログはネタバレ無しでお勧め韓国映画を紹介しております。

なので、最後まで楽しんでお読み下さいね~♪

 

ひとことで、ザクっとSTORY

 

主演のキム・ユンジンは勝率100%を誇るシングルマザーの敏腕弁護士。

が、ある日突然、愛する娘を誘拐されてしまします。

そして犯人からの謎めいた要求・・・。

残り数日で、娘の命が・・・・・。

 

逃れられない緊迫した中で、激しく己を鼓舞しながら、キム・ユンジンが

様々に仕組まれた罠に挑むサスペンス作品です。

 

 

管理人
管理人

いやーまさに物語が流れが二転三転して、いい意味で予想を裏切る展開の連続で面白かったです!手に汗握ります!!

 

そして・・・衝撃のラストまで目が離せませんよ(笑)

 

 

いったい誰が味方なのか??【脚本・演出が面白い!】

 

愛する娘を誘拐されたキム・ユンジンが、ひとりの娘の母親として、または敏腕弁護士として、

なりふり構わず見えない敵に挑んでいきます。

でもでも、様々な仕掛けが娘を探すキム・ユンジンを阻もうとします。

 

いったい誰が味方なの?誰が味方じゃないの?

 

序盤からあちこちに貼られた伏線と、計算され尽くされた脚本と、

最後まで飽きさせない犯人探しを楽しめる作品です。

 

監督は「殺人者の記憶法」などの、サスペンス系作品が得意なウォン・シニョン。

カメラワークもかなり細かいカット割りが多く、またカウントダウン的要素もしっかり盛り込まれていて、

非常にスピディーに展開が感じられます。

鬼気迫るふたりの女優の演技に注目!【演技が凄い!】

主演:キム・ユンジン

主演は韓国不朽の名作「シュリ」、「時間回廊の殺人」のキム・ユンジン。

 

キム・ユンジンはこの作品で、冷静な敏腕弁護士としての役柄と、

娘を取り戻そうと取り乱れた母親の役柄を同時に、非常に上手く使い分けいて、

彼女の激しい感情の起伏が、観る側に非常に分かりやすく伝わりますね。

 

またひとりの子供の親としても、例え世界を敵に回しても、

命を懸けて突き進む演技は、我が身のように感情移入出来て面白かったですよ。

 

wase子さん
wase子さん

キム・ユンジンは2002年の日韓ワールドカップの時韓国側の親善大使(日本側は藤原紀香)。
アメリカでは人気ドラマ「LOST」にレギュラー出演しているのね。
凄~い!!

 

さすが、世界を股にかけて活躍する女優さんです!

 

【キム・ユンジンのプロフィール】

キム・ユンジン
1973年11月7日生まれ
国籍はアメリカ合衆国
元々幼いころに家族とアメリカに移住し、永住権を取得しています。
一躍有名になったのは、映画「シュリ」のヒロイン役。
その後、アメリカのドラマ「LOST」でレギュラー約出演。

共演:キム・ミスク

もうひとり、キム・ユンジン演じる敏腕弁護士と対峙する、犯人に殺された娘の母親役にキム・ミスク。

 

こちらも深い哀しみの中にも、理性的な自分を取り戻そうとする役柄と、

狂ったように感情を爆発させる役柄を見事に演じ分けます。

 

数々の韓国ドラマにも出演していて、いまだ高い人気を博しているベテラン女優らしい、見事な演技です。

 

【キム・ミスクのプロフィール】

キム・ミスク
1959年3月26日生まれ
韓国ではラジオ番組も長くやっていて、落ち着いた声の演技が特徴です。
正統派の韓国美人女優。

脇役陣がまたいい味を出しているんです!【共演者もニクい!】

 

憎めない、それでいて男気のある役柄を演じるのは「南極日誌」のパク・ヒスン。

彼の存在があることによってキム・ユンジンのなりふり構わない姿が、

より現実的に受け入れられる様な描き方がされていて、作品に違和感なく入り込めます。

 

またふたりの女優を翻弄する犯人役に「ベルリン・ファイル」のチェ・ムソン。

ホントに憎たらしい役柄を、憎たらしいまま演しています(笑)

 

韓国映画「セブンデイズ」評価

 

あまり予備知識なく、観た方が絶対楽しめる作品だと思います。

ネタバレはもっての外です(苦笑)。

 

キム・ユンジン、キム・ミスクという豪華女優陣の本当に鬼気迫る演技と、

観る側を飽きさせない巧妙な犯人探しの連続。

 

125分という時間を感じさせないスピディーな展開で、非常に面白い作品です。

 

そして、衝撃のラストへ、是非最後まで楽しんで下さいね(笑)

 

 

管理人
管理人

作品の評価は★★★★☆ 

 

涙腺崩壊という感動作ではないですが、最後まで見応え充分な良質なサスペンス映画です。観ていない方は是非どうぞ。

 

2007年製作/125分/PG12/韓国
原題:Sevendays
配給:エスピーオー

コメント

タイトルとURLをコピーしました